自己処理の方法

ムダ毛の自己処理について

ムダ毛の自己処理

自己処理(じこしょり)という言葉は、脱毛に関して使うときには、恋肌(こいはだ)のような脱毛サロンでムダ毛を取り除くのではなくて、自分自身でムダ毛を取り除く処理をすることを指します。


ムダ毛の自己処理はとても面倒なので、自己処理したくない!ということが、脱毛サロンに通う大きな動機になっていたりします。


それでも自己処理は簡単には無くせません。


恋肌(こいはだ)のような脱毛サロンに通っていても、脱毛施術が完了するまでの間は、ムダ毛の自己処理が必要です。自己処理について正しく理解しておくことは重要なのです。


ムダ毛を抜くのはできるだけ避けよう

ムダ毛を抜くのはできるだけ避ける

自己処理はできるだけ肌に負担を与えない方法で行う必要があります。そこで重要なのは、できるだけムダ毛を抜くことを避ける、ということです。


ムダ毛を抜くと、毛根部の毛穴周辺の組織ごと引き抜くことになってしまいます。毛抜きでムダ毛を抜くと毛根に柔らかい組織が付いていますが、あれですね。


ムダ毛を抜くということは、ある意味、わざと肌、皮膚にケガをさせてしまっているようなところがあり、肌にかかる負担がとても大きいのです。


自己処理はできるだけ、ムダ毛を抜く系統の方法を避けることが大切です。


ムダ毛を抜く系統に入る自己処理方法としては、毛抜きはもちろん、脱毛ワックスとか脱毛テープも含まれます。とくに脱毛ワックスは、最近一部で人気ですが、毛抜きの大規模版ですので、できるだけ避けた方が良いです。


正しく使えばカミソリがベスト

正しく使えばカミソリがベスト

カミソリは、正しく使えばとても優れた自己処理方法です。


カミソリは、毛根部はそのまま残して、ムダ毛を剃る、つまり途中でカットするという方法です。毛根部を残すことになるので、肌にかかる負担が小さくて済むのです。


もちろん、カミソリは肌をごく薄くですが削っているという側面もあるので、自己処理前後に正しいケアも必要になってきます。


カミソリと同じように、ムダ毛を途中でカットする系統に入る自己処理方法としては、電気シェーバー、脱毛クリーム(除毛クリーム)などがあります。脱毛クリーム(除毛クリーム)は、薬剤の力でムダ毛を溶かすものですが、比較的強い薬剤を用いることがありますので、自分の肌との相性には気を付けましょう。


自己処理前後のケア

蒸しタオル

自己処理前後のケアもとても重要になります。


@自己処理前には温めて、毛穴を開かせムダ毛を柔らかくする。
A自己処理後には冷やして、肌を引き締める。
B最後に保湿ケアをしっかり行う。


こうした流れになりますが、蒸しタオルを使うととても便利です。


蒸しタオルは、電子レンジで簡単に作れます。水に濡らしたタオルをラップに包んで、電子レンジで30秒ほど温めればできあがりです。蒸しタオルは、温かいうちは、自己処理前のケアに使え、冷えてきたら自己処理後のケアに使うことができます。


蒸しタオルを活用して、自己処理するときに肌にかかる負担をできるだけ減らすようにしましょう。


全身脱毛サロン『恋肌(こいはだ)新宿西口店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!