光脱毛のメリット

光脱毛のメリット

光脱毛

恋肌(こいはだ)は光脱毛を採用した、全身脱毛サロンです。ところで、光脱毛にはどんなメリットがあるのでしょうか?


光脱毛は、主要な脱毛方式のなかではもっとも新しく登場してきた、最新の方式です。レーザー脱毛と原理は同じですが、照射する光のパワーが弱いために、医療機関でなくても扱えます。


そのためとても安い料金で施術することが可能になったのですね。


脱毛の歴史をちょっと復習

脱毛の歴史

剃る以外の脱毛というと、19世紀末に発明されたニードル脱毛(針脱毛)がはじまりです。ニードル脱毛は、もちろん今でもあります。ひとことでいうと、すごく痛いけど、すごく効果が高い脱毛方法です。


なぜ効果が高いかというと、ムダ毛1本1本に針を刺して脱毛していくからで、だから、すごい手間がかかって高価だったわけです。


ニードル脱毛の時代がずっと長く続いてたところに登場したのが、レーザー脱毛です。日本では1990年代末から本格的に開始されました。


レーザー脱毛は、面で施術できるために、ニードル脱毛よりも施術効率がよく、その分、安価にできました。痛みも、針を刺すよりはずっとマシになったわけです。


そして光脱毛の登場です。光脱毛が普及したのは2000年代からですから、ここ10年ちょっとのことです。光脱毛は、脱毛する原理はレーザー脱毛と同じですが、照射する光のパワーが弱いために、医療機関でなくても取り扱うことができました。


そのため、安い料金で施術できる脱毛サロンがたくさん生まれてきたのです。


光脱毛の仕組み

光脱毛の仕組み

光脱毛の仕組みは、原理的にはレーザー脱毛と同じで、熱のよるものです。照射された光の熱が、ムダ毛のメラニンを通じて、毛根部に伝わり、発毛機能を弱めるわけです。


厳密な区分としては、毛根部の毛乳頭を壊すレベルの光の強さを照射できるのはレーザー脱毛で、光脱毛はそれ以下、毛乳頭を壊さないレベルの光のパワーということになります。


光脱毛のメリット

光脱毛のメリット

光脱毛のメリットもデメリットも、レーザー脱毛よりも弱いパワーの光を照射するところから生じています。


光脱毛は医療機関でなくとも取り扱えるので、脱毛サロンを運営するコストを抑えることができます。施術料金を安く設定できるわけですね。


また、照射する光のパワーが弱いことで、レーザー脱毛よりも痛くない、というメリットもあります。


光脱毛のデメリット

光脱毛のデメリット

逆にデメリットは、脱毛施術の効果そのものは、レーザー脱毛よりも低いことです。具体的には、ムダ毛が再発する可能性があるわけです。


脱毛効果には個人差があり、光脱毛でも十分な効果が得られる人もいれば、そうではなくムダ毛が再発してしまうひともいます。


それでも、はじめて脱毛をするなら、光脱毛がおすすめです。料金も安くて、痛くない、つまり肌の負担も軽くて済むわけで、まずは光脱毛で試してみると良いんじゃないかなと思います♪


全身脱毛サロン『恋肌(こいはだ)新宿西口店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!